あかし幼稚園は福岡市早良区にあるキリスト教保育の幼稚園です。

あかし幼稚園の保護者の声

あかし幼稚園に寄せられた保護者の方々からの声をご紹介します。

2017年 うんどう会 「子どもたちが輝いて見えた運動会」

とてもきれいな青空の下で、子どもたちが一人ひとりイキイキと輝いて見え、

普段の園庭より広く頼もしく見えました。

年少さんには長~いプログラムだったはず。なのに誰一人泣いたりすることなく

最後まで参加でき、日頃からの先生方のご指導にとても感謝しかありません。

最後にピカピカのメダルを頂いた時の満足気な笑顔!達成感に包まれている顔を見て、

頑張ってきた日々と成長を感じることが出来ました。何をするにも親と一緒だった姿はそこにはなく、

とてもお兄さんに見えました。

他の学年も自分の子のように一人ひとりを応援できる、あかしの良いところを生かした

素晴らしい運動会でした。

来年もさらに成長した子ども達を見るのが楽しみです。

先生方とてもありがとうございました。日々の丁寧なご指導に感謝申し上げます。

2017年 うんどう会 「今年も幸せな1日!」

今年も幸せな一日でした!!

オープニングの聖火ランナーの3人を見て、練習の日々を思い出し、我が子でなくても涙が出そうなくらい

ジーンときました。

かけっこ、玉入れ、マット運動と、今までの練習により、大きく心と体が成長した子どもたち。

笑顔が、そして真剣な眼差しが輝いていました。(親の笑顔もキラキラしていて、ほっこりしました)

小さな運動場で、満ち満ちの観客席(応援席)。子どもたちの息遣いまで聞こえる大盛り上がりの

うんどう会を、3年間、本当に家族みんなで楽しませてもらいました。

進行役の光組のアナウンスも、みんな上手で感動しました。

「みんな3年間で大きく成長したよね」と、嬉しい気持ちと、いつも笑顔で熱心に指導して下さる先生方への

感謝の気持ちで、胸が一杯になった幸せな一日でした。先生方、ありがとうございました。

2017年 音楽週間「とても贅沢な時間でした」

3日間、すごく楽しませて頂きました。

昨年、ちびっこクラスで参加させて頂いた事を思い出しながら見ていました。

昨年に引き続き、いや、更にパワーアップされた先生方の1曲1曲の楽しい演出と、真奈先生のステキな伴奏で、

とにかく子どもたちがイキイキと心から楽しんで歌っている歌声が、後ろの席から表情は見えなくても伝わってきました。

今年も感動して泣けてきました。

家でも日に日に長い曲もスラスラ歌えるようになり、歌が大好きな娘ですが、更に好きになったのでは?と思いました。

年少組であんなに歌えるなんて、驚きでした。

また、日頃なかなか触れることの出来ないクラリネット・ヴァイオリンの、プロの演奏を、生で聞くことが出来、改めて、

音楽っていいな・楽しいなと思える、贅沢な時間でした。

ありがとうございました。来年も楽しみです。

2017年 音楽週間「音楽を通じて、沢山の国に触れた3日間」

今年も楽しく・素敵な音楽週間の時間をありがとうございました。

音楽家の先生方による沢山の楽しいプログラムには、子どもだけでなく、大人も大変楽しませて頂きました。

幼い子どもたちが一生懸命に聞き入り、音楽の世界に没頭する姿には、毎年驚かされます。

今年は特に、世界の様々な国の音楽や言葉に親しむことの出来る内容でしたが、

どんなときにも子どもたちが真剣で、きちんと理解しようとしている姿が印象的でした。

音楽は、唯一通訳を必要としない世界共通の言語であると言われます。

音楽を通じて、沢山の国に触れた3日間だったと思います。

息子は今日も、音楽週間中に覚えた歌を口ずさんでいます。

息子の心には、音楽の喜びがしっかり根付いているのだと、とても嬉しく思っています。

今年も子どもたちに、素敵な音楽をありがとうございました。

2017年 音楽週間「心に残る言葉」

今年で最後の音楽週間、3世代で楽しませて頂きました。

毎年参加する度に、子どもたちの成長を見ることが出来て、感慨深かったです。

長男から数えると、5回目の参加でしたが、毎年変わる笑いの要素、そして、

変わらず続いている大切なもの・・・最後と思うと、少し名残惜しい気もします。

コンセールあかしでご一緒させて頂いた卒園児のお母様(お子さんは大学生)が、

成長過程で何度も、「あかし卒園でよかった」と言われていました。

とても心に残るお言葉でした。

最後に、素晴らしい音楽週間にご尽力頂いた方々に、感謝致します。

2017年 春に向かって「3年間の集大成」

今年の「春に向かって」も、大変素晴らしい舞台でした。

どの子の演技も、かさじぞうの世界をしっかりと表現していて、観る側も、その世界に

入り込む事が出来ました。

かさじぞうの配役が決まった当初、長男は大きな不安を感じていたようでした。

なかなか前向きに練習に取り組む事が出来ずに、不安ばかり口にしていました。

そんな長男も、練習が進むにつれ、少しずつ自信をつけ、本番は滞り無く役を務める事が出来ました。

劇を終えた長男は晴れやかで、とても満足した様子でした。

長男にとって、この「春に向かって」は、正しく3年間の集大成だったと思います。

また、次男も今の彼に出来る形で舞台に立つことが出来ました。

帰宅後、劇に参加できたことを、とても喜んでいました。

本番まで子ども達の気持ちに寄り添い、励まし、ご指導下さった先生方に、感謝致します。

ありがとうございました。

2017年 春に向かって「人数が少ないならでは!」

かさじぞうに取り組む前に、家で「お姉ちゃんの頃のかさじぞうが見たい」というので、一緒に見ました。

するとシクシク泣き出し、「なりたい役が見つからなかった…」と。

そんな調子で迎えたグループ活動初日。どうなることかと思っていましたが、

やってみたらあれもこれも楽しかったようで、あっという間に「かさじぞう大好き」になりました。

あかしならではの「役・お試し」や、「先生達による劇」での導入が、よっぽど楽しかったのだと思います。

どの役も全部覚えて『一人かさじぞう』するようになりました!

親も子もわくわくで迎えた当日。観ている私もあっという間に劇の世界へ。

人数が少ないならでは!一人ひとりの役がしっかりあって、皆それぞれ与えられた役を

演じきっている姿が、とても印象的でした。

この規模だからこそ、子ども達全員の顔と名前が一致しているので、どの子の成長も感じられたし、

どの子も我が子の様な気持ちで見入ってしまいました。

心がほっこりする優しい『かさじぞう』、子ども達が可愛過ぎて、泣き笑いしてしまいました。

幸せな時間をありがとうございました。

在園のお母様からの嬉しいお言葉☆

たくさんの新しいお友だちがあかしに出会ってほしい!と頂いたお言葉を紹介します。

 

・全園児、全先生方が全員の名前を互いに覚え、声掛けをし、

アットホームな雰囲気で助け会う連帯感が素晴らしいです。

・縦割りクラスを経験することにより学ぶ、思いやり・優しさ・また責任感を身に着けています。

・園児が自立し、人として幸せに生きていくためのしつけを、キメ細やかにしてくださいます。

・無宗教であっても毎日の礼拝で心静かに祈る時間を過ごすことで、自ずとTPOも身につき、

穏やかな人格を形成する一助となります。

・平日18時までお預かりを行ってくださり、働く親御さんにはとてもありがたい環境です。

・バス通園では、感じられにくい、園での毎日の出来事、何をしているかハッキリ分かり、

子どもの心の変化を見逃さずにいられます。

・お弁当がちょっと面倒に思われがちですが、愛情こもったお弁当は食の安全も守られ、

食べる量や内容を把握することで、子どもの毎日の変化にも気づきやすいという利点もあります。

・兎角、こういう教育現場にありがちな先生と生徒という構図で進める事が一般的ですが、

勿論、そのケジメはありながらも、たとえ幼児であったとしても、「一人の人間」として向き合って下さる

先生方の姿勢に感動し、私自身の子育てにも良い影響を頂いております。

 

たくさん頂いたお言葉の中から、抜粋して掲載させて頂きました。

身に余るほどのお言葉に感謝致します。このお言葉に恥じない保育をしていきたいと思います。

ありがとうございました。

 

2016年 うんどうかい「あかしとの出会いに感謝」

私自身、初めての運動会への参加でしたので、大変感銘を受けました。

子どもの成長振りもとても嬉しく感じながら、自分自身は、この子ども時代に自分の親も、こういう気持ちで

見ていたのだろうか?等と、改めて親に感謝、又、息子にとって良き親でありたいと決意した日でした。

「あかし幼稚園」のきめ細やかな教育を目の当たりにする事が出来、この様な出会いに感謝しております。

特に、先生方の素晴らしい運営(段取り)には感動しました。

これからもご指導の程、よろしくお願い申し上げます。

2016年 うんどうかい「小さい園ならではの、ほのぼのした運動会でした」

前日の大雨が明け方まで降り続き、どうなることかと思いましたが、当日は天気に恵まれ、

先生方が水たまりに砂を埋めて下さり、素晴らしい1日になった事、感謝致します。

小さい園ならではの、ほのぼのとした雰囲気の運動会。

ああ、やっぱりいいなあと、しみじみ思いました。

誰でも顔と名前が分かるので、どの子も頑張れ!と、つい熱を入れて応援してしまいました!

途中、恥ずかしながら勝ち負けにこだわる自分がいましたが、

同点優勝で子どもたち全員が飛び跳ねて喜ぶ姿を見て、

勝ち負けなんてどうでもよくなり、なんとも幸せな気持ちになりました♡

一生懸命やれば、誰でも一等賞ですね!

2016 年 うんどうかい 「息子の成長を感じたうんどうかい☆」

去年は笑顔もなく、昼ごはんを食べてからは、家族から離れるのがさびしくて泣きながら競技に戻った息子でしたが、

今年は練習時間から楽しんでいるようでした。

そして本番…入場してきた息子は笑顔!去年はほとんど踊れていなかったあかし体操2は、ぼちぼち踊れていて…

かけっこも綱引きも、息子なりに勝負を意識して頑張っていました。

玉入れ・マット運動の様子からも、肉体的・精神的な息子の成長を見ることが出来て、嬉しく思いました。

はな組さんのお遊戯は可愛らしくてなごみましたし、星組さんのお遊戯は、この歌詞に込められたメッセージが、

本当に恥ずかしがり屋の息子の心に届いていたらなあ…と思って見ていました。

そして何より私が楽しみにしていた光組さんのリレー!やっぱり今年も素晴らしく…その一生懸命に走る姿に

元気をもらいました。

60周年を迎えた記念すべきあかしの運動会…園児とそのお兄さん・お姉さん・保護者の頑張りが一緒になって、

3チームそろっての優勝で終わることが出来て、最高だったなあ…と思います!

ご指導して下さった先生方、お手伝いして下さった方々、本当にありがとうございました。

お陰様で、息子は『とても楽しかった』という言葉と共に、運動会を終える事ができました。

2016年 音楽週間 「とっても素敵なあかし楽団」

今年も素晴らしい3日間をありがとうございました。
毎年の音当てゲーム・音符取りゲームも、子どもが違えばドラマも変わり、
毎回微笑ましく、心地良く拝見させて頂いています。
音楽家の先生や幼稚園の先生の演出も、子ども達や私たち観客を楽しませよう!という思いが伝わり、
とてもありがたく嬉しく思います。3日間ともとても楽しく、幸せな時間でした。
「タイプライター」は幼稚園児にとって難しそうですが、素晴らしい音楽家の先生方と一緒になると
とっても素敵な「あかし楽団」になって・・・こんなに貴重な経験ができるあかしっ子達は、
本当に幸せですね。
素晴らしい機会を与えて下さり、指導して下さった先生方に感謝いたします!

2016年 音楽週間 「親子で実りある時間をすごせた音楽週間」

たくさんの笑顔あり、感動の涙あり・・・の3日間を過ごさせて頂きました。
今年はリズミカルな曲が多く、子ども達も自然に体を動かしながら音楽を楽しんでいました。
コンサートでは、身近にあるおもちゃなども素敵な楽器になることに驚きました。
息子も音楽に興味を持ち始めたようです。
花・星・光組の子ども達が、それぞれの楽器で曲を立派に完成させていて、
これまでの成長に心を打たれました。
コンセールのお母様方の歌声と、レッスン生(ピアノ・ヴァイオリン)による演奏も
素晴らしかったです。
何かと忙しい毎日の中で、音楽はこれほどまでに心を癒やしてくれたり、
元気をくれたりするものなのだ・・と、改めて感じました。
親子で実りある豊かな時間を過ごすことが出来ました。
温かいご指導を頂きました先生方・音楽家の先生方、サポートして頂きました皆様、ありがとうございました。

2016年 音楽週間 「子ども達の姿に毎日感動」

今年も音楽週間を楽しみにしておりました。
年少さんから年長さんまでそれぞれが、その子が持つ力を最大限に発揮し
舞台に立つ姿に、毎日感動していました。
楽しいゲームや声を出して笑ってしまうような演出に、子ども達はますますひきつけられ、
音楽の世界に入り込んでいるようでした。
幼いこの時期からプロの音楽家の先生方の演奏を聞くことが出来、幸せだなあ、と感じました。
今年は新たにマリンバの軽快なリズムを間近で聴けて、本当に幸せな気分になりました。
来年、この音楽週間に参加出来ないと思うとさみしいです。
九響のコンサート等に、子どもと是非行きたいと思っています。
先生方ありがとうございました。                      

2016年春にむかって『幼稚園児と思えない演劇!』

幼稚園児とは思えない素晴らしい演劇に感動致しました。
音楽も素敵でした。

息子はまだ幼く、この日の事が、どの位記憶に残るかわかりませんが、
時折DVDを鑑賞し、“このメンバーの中にいたんだよ”と、話し・語っていきたいと思います。
この体験が、息子の自信に繋がると思います。

1年間、熱心で丁寧なご指導をありがとうございました。

2016年春にむかって『ジャンヌ・ダルクが上演される理由!』

 劇を観て、「ジャンヌ・ダルク」があかしでずっと演じられている理由が分かりました。
ジャンヌが教えてくれた事は、子どもが日々園で経験していること・教えてもらっていることでした。

・神様を信じ、強い心を持つこと⇒劇の成功を信じ、役を心から演じること。
・ただひたすらに前に進むこと⇒毎日一生懸命練習に取り組み、静かにするときはじっと耐え、頑張ること。
・敵も味方もなく、みんな同じということ⇒毎日のお祈りの中で、自然と人を思いやる気持ちが育っている中で、
                    劇をすることでも、どの役も全部大切でみんなで一緒につくり上げる楽しさを知ること。

大切なテーマを子どもだからこそ、素直にすんなりと受けとめ、心から演じている姿にとても感激致しました。
みんなキラキラと輝いていました!!何て素敵な子どもたちなんでしょう!!
インフルエンザで心配しましたが、先生方のご配慮でみんな一緒にできたことも嬉しく、あかしの子で良かったなあ、と
又今回も思いました。

熱心に指導して下さった先生方に心より感謝致します。ありがとうございました。
劇の始まりから終わりまでずーっと涙がこぼれ落ちそうでした。
感動の1日をありがとうございました。

2015.12.12(土)クリスマス礼拝『心温まるあかしのクリスマス☆』

・「ページェント、とてもよかったです」

・「ステージに上がっている子どもたちが大きく見えました。

ページェントが終わってから、こんなに小さな子だったのか、と驚きました」

・「涙が次々に溢れました」

・「どのクラスの子も自分の役が大好きでした」

・・・各クラスの保護者の方より頂いたコメントです。

 

2015年うんどう会『心と体が成長するあかしの運動会』

子どもの大きな成長に心が温かくなった、素晴らしい運動会でした。

昨年の花組の時には恥ずかしがってお遊戯を全く踊らなかった息子が、

今年は「ダンゴ虫」(年中遊戯)を生き生きと笑顔で踊り、

「光ガンバレ係」(かけっこ応援)ではマイクを握り、大きな声で声援を送る姿を見せてくれ、

大きな成長を嬉しく思いました。

ひたむきに全力で走ったかけっこ、がんばりマットで明らかになった親も知らなかった意外と高い身体能力・・・。

運動会までの毎日を充実感いっぱいで送り、当日を心待ちにしていた息子の気持ちが分かりました。

息子の中に眠っていた潜在能力を、どんどん引き出して下さっていたんですね!

先生方の毎日の保育に、今回も心から感謝致します。

息子は運動会が終わった後、何度も『運動会楽しかったー』と、つぶやいていました。

心と体が大きく成長するあかしの運動会、来年が今から楽しみです!

2015年 うんどう会『アットホームなうんどう会』

“あかし”ならではのアットホームなうんどうかい、とても楽しかったです。

大きな怪我もなく、沢山笑えたうんどうかいでした。

数日前、娘が『跳び箱5段になったよ。』と教えてくれ、成長を嬉しく思い、当日、少し寂しさも感じました。

“ちびっこ”の時は泣いてばかりで、ずっと抱っこされていたのに・・・。

3年間あっという間でした。先生方の日頃のご指導、心より感謝致します。

2015年 音楽週間 『大好き☆音楽週間』

親子共々大好きな行事、音楽週間。今年もとても楽しく、至福の時を過ごさせて頂きました!

練習が始まると、楽しかったようで、家でもカスタネットを出してきて一人でフンフンと歌いながら遊んでいました。

本番での子ども達の真剣な眼差しがとても印象的でした。

音楽家の先生方の本物の音楽を、目の前で見て、聴いて、触れて!

なんて幸せな子ども達なんでしょう~♪ハープ、私もやってみたかったです。(笑)

このような機会を与えて下さり、毎日ご指導下さった先生方、お世話になった音楽家の先生方、

本当にありがとうございました。

 

2015年 音楽週間 『体の中に音楽がながれているようで…』

昨年に続き、2回目の音楽週間を迎えました。音楽週間の練習が始まって間もない頃から、息子は「ファランドール、好きだよ」と、

家でも口ずさんでいました。本番が近づくと、体の中に音楽が入っているようで、目を閉じて、トライアングルを鳴らしたり、タクトを

振る仕草をしていました。

子どもたちが音楽に聴き入り、懸命に表現しようとする姿を見るにつけ、本物に触れる、という、あかし幼稚園独自の音楽週間プログラムが、

子どもと音楽を深く結びつけているのだと感じました。

今年もまた、心を込めて子ども達に接して下さった音楽家の先生方と、音楽週間までご指導下さったあかし幼稚園の先生方に感謝致します。

ありがとうございました。

【2014年音楽週間】 音楽のもつ力に感動しました

初めての音楽週間を親子共々楽しみにしていました。
2日間の園でのプログラムでは、プロの演奏を間近で聴き
楽器に興味を持ち始めたようでした。
 
また、ゲームにイキイキと参加する姿も見られ、我が子の
新しい一面を垣間見ることができました。
 
ウィークエンドコンサートでは、本格的なホールで、演奏を
聴かせて頂き、生の演奏の迫力に改めて音楽の持つ力を感じ
そして子ども達が懸命に演奏する姿に胸を打たれました。
小さな子ども達が純粋に音楽に向き合う姿は、素晴らしい
ものでした。また、子ども達を相手に、真摯に音楽を伝えて
下さった音楽家の先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。
いつまでも音楽週間で感じた、音楽を楽しむ心を忘れずに
いてほしいと思います。

【2014年音楽週間】 生演奏に釘付け!!

音楽週間は初めての参加でした。
日頃子ども達に生演奏を聴かせてあがたいと思っていた時に
この素晴らしい機会に恵まれました。
間近で聴く生の素晴らしい演奏に釘付けになっている子ども達の
姿が印象的でした。
 
ひかりぐみのお姉ちゃんはCDで聴く「雷鳴と電光」「ラデッキー行進曲」
に合わせて、自分で選んだシンバルだけでなく他の楽器のリズムも
叩いたりして、子どもの感性の豊かさに驚く毎日でした。
恥ずかしがり屋のはなぐみの弟は、本番当日はカスタネットを叩くのを
恥ずかしがっていましたが、楽器に触れるのは楽しかったようで
練習を楽しみにしていましたし、家では曲に合わせて太鼓を叩いたりと
楽しそうでした。
 
ウィークエンドコンサートのホールも立派で、このような場所で
演奏する機会を持てたことに感激しました。

【2013年度卒園児のお母様より】

1.あかしを選んだ理由 
 上の子の幼稚園探しをしているとき、ふと立ち寄った『あかしの庭』で
お世話をされていたお母様方の優しさに感動したことが、自宅からは
少し遠かったけれど入園を決めた大きな理由です。
とても良く目の行き届いた、きめ細かい保育をしていただき、下の子も
あかし幼稚園に通わせました。
 
 
2.あかしでの思い出を聞かせて下さい
 様々な行事ごとにたくさんの思い出がありますが、登園・降園の時間が
とても楽しかった時間として思い出されます。
朝は1日を楽しく過ごしてほしいと思って楽しい話しをしながら、帰りは
『疲れたね~』と車中でアイスを食べながら帰ったり…と楽しかった時間が
懐かしく思い出されます。

【クリスマス】各クラスのクリスマスの劇

園児全員がおそろいの白いガウンを着て、
灯のともったキャンドルを手に、静かにお祈りをする
姿はとても感動します。
 
お祈りの後の、各クラスの劇も、それぞれの年齢に
合った内容の楽しい劇でした。
 年少は、ステージに立ち、自分の出番を覚えているというだけで
親は感動しますが、年中になるとセリフも増え、お話の内容も
しっかりしていて、1年のちがいで、こんなに成長するのかと
感心します。年長になると、毎年恒例のページェントですが
我が子ではなくても、演じている子ども達の成長ぶりに
うれしくなって、いつもくぎづけになって劇をみています。
 
今後の子どもの成長を楽しみにしています。

【クリスマス】心温まるクリスマスのひととき

静かに厳かにキャンドルの火を見つめる
神秘的な子ども達の姿が印象的な
キャンドルサービスでした。
 
対照的に、元気な声で役に取り組む
子ども達の劇はとても可愛らしかったです。
 
小さい園なので、我が子だけでなく
お世話になった年長のペアさんの活躍に感動したり
仲良くなったお友達の子どもの成長を見ることができ
心温まるひとときを過ごすことができました。
 
先生方のご指導や母の会のお母様方のご活躍の中
クリスマス会が無事に行えましたことを
感謝致します。
ありがとうございました。

【クリスマス】あかし幼稚園のクリスマス

アドベントカレンダーの扉が1日に1つずつ開かれ、1週間に1本
ローソクの火が灯り、子ども達のクリスマスの準備も少しずつ
整っていきます。4年前、世の中の風情とは違う本当のクリスマスを
ここ、あかし幼稚園で知りました。
 
クリスマス礼拝では、暗闇の中、子ども達の小さな手に握りしめた
キャンドルの火が灯され、キラキラした瞳とともに幻想的に輝いています。
 
年少組の神様へのプレゼントは、日頃の園生活がそのまま垣間見れるような
ほのぼのとした劇、先生のピアノに合わせて楽しそうに演じる姿は
親の表情もゆるみ、心をぽかぽかにしてくれました。3歳の無邪気な可愛らしさは
親にとって最高の宝物です。
 
宗教にとらわれず、神様がこの子ども達を見守って下さっていることに
感謝できるクリスマス、私の大好きな園行事です☆

【うんどう会】運動会を引っ張ってくれた光ぐみさんに感激!!

良いお天気に恵まれ、行われた運動会。特に印象深かったことは
「係」をてきぱきこなす光ぐみさんの姿と「がんばりマット」です。
自分の係の番になったら、サッと動く光ぐみさん、とっても感心しました。
そして「がんばりマット」は、園児全員が先生の合図をよくきき、
大観衆の中で誰一人物おじせず、きちんと体をコントロールして
演技していました。(わたしだったらできないかも?!)
 
光ぐみさんになると約3年間繰り返し行ってきた成果が一人ひとり見事に
出ていたと思います。息子もみんなに刺激を受けたのか、家で毎日馬跳び
(私の体はボロボロ)、がんばっていました。
 
運動会のこの一日は、家族みんなで息子の成長を感じる良い一日となりました。
暑い中、毎日御指導下さった先生方、本当にありがとうございました。

【うんどう会】心に残ったかけっこ

子ども達のかけっこが特に印象に残っております。
各々の子が真剣勝負をしている姿にとても感心致しました。
運動会が園庭で行われるおかげで、その顔を、息遣いを
間近に見ることができました。
 
ただひたすら頑張るという、純粋な気持ちを感動と共に
思い出させて頂きました。あかしの子ども達はすばらしい!
すばらしい運動会をありがとうございました!!
(もうすでに来年の運動会が楽しみにです。)

【音楽週間】本物の音楽に出会えた子どもたち

『今日から音楽週間?』と、音楽週間のある月曜日の朝に
尋ねられ、それから毎日音楽週間を楽しみに起きていました。


家でもフルートやバイオリン、ラッパや小太鼓などを奏でる仕草を
真似して遊ぶようになり、これ程までに当日に向けて日々モチベーションを
高めていくあかし幼稚園の保育に驚きました。


軽快なピッコロの曲に子ども達が反応して笑ったり、一生懸命に演奏する
子ども達を見て、本物の音楽と出会うということを直に見ることができ
音楽の力を感じました。
素晴らしい演奏と素敵な時間をありがとうございました。

【音楽週間】たった1人で舞台にあがる姿に感動

真奈先生のピアノ演奏は迫力があり、瞬きするのも忘れるほど
素晴らしかったです。九州交響楽団の音楽家の方々の演奏も
癒されました。


ピアノ受講生は、たった1人で舞台にあがり、堂々とした演奏に
感心しました。


バレエも日を追うごとに完成度が増し、かな先生の指揮を子ども達が
片時も離さず、集中して観ている姿に驚きました。体全体で音楽を
楽しんでいる姿や各自の楽器の役割をしっかりと果たし、自分の持てる
力以上のものを出しきっている姿に感動しました。みんなが1つになった
とき(瞬間)時間が止まったように感じました。


音楽週間を成功させるにあたり、真奈先生、九州交響楽団の方々、
園長先生やあかしの先生方、あかしの庭の先生方、皆様の多くの方の
お力添えがあってのことと思います。親子共々、有意義な3日間を
過ごさせて頂き、ありがとうございました。